2013年05月11日

OM-Xとかはどうなのか

OM-Xがありますよ。TVの特番等でも有名になった「おからコンニャクダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)」。コンニャクがダイエット(睡眠不足や栄養不足が妨げになってしまうことも多いようです)にいい食材だと知っている人もはよくあります。その蒟蒻とヘルシーなおからを混ぜて作った「おからこんにゃく(コンニャクイモを原料とした食品です。おでんには欠かせませんね)」を肉の代わりとして代用するのが、このおからこんにゃく(日本では、1776年に誕生したといわれています)ダイエット方法です。お互いヘルシーな食材同士ですので、肉に比較して100gたったの41kcal、豚ロース肉の十分の一以下の低いカロリーに抑えることができるでしょう。ダイエット(色々な方法がブームになりますが、結局のところ、食事の改善と運動しかありません)には厳禁のお肉ですが、このダイエット法はお肉を我慢出来ない人がおいしく食事をしながらダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)出来る方法なのです。おから蒟蒻ダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれね意味がありません)のやり方は、毎日のお肉の代わりにおからこんにゃく(日本では、1776年に誕生したといわれています)を用いて調理した食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)を一日三食の中で2食たべるというものなのです。おからコンニャクが2食だと飽きがきだといえるはずですが、心配ありません。からあげ用のかたまり肉としても、ひき肉の代わりのそぼろ肉としても、その際々のメニュー(飲食店ではメニュー表のデザインにもセンスが現れますね)によって自由(自分ですることの責任をとれることをいうのかもしれませんね)に形を変える事が出来る為に、様々なメニューに利用する事が出来ます。つまり、食材の使い方としては、通常のお肉と何らかわりはないですよね。当然、味付けも自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)ですので、味の変化も楽しめるのですね。このダイエット方法は、お肉の食感を得る事での満足感、こんにゃく(独得の食感やカロリーの低さなどが人気を集めていますね)の食物繊維(不足すると大腸の機能が低下し、便秘などが起こります)「こんにゃく(日本では、1776年に誕生したといわれています)マンナン」によって満腹感を得られることで、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)を溜めないダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)が可能なのです。シェイプアップ中でもお肉をガッツリと食べたい男性の方等は、是非試してみてはいかがですか。
posted by きーさん at 23:59| OM-X | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。